仕事の人類学 - 中谷文美

中谷文美 仕事の人類学

Add: tyvyj53 - Date: 2020-12-12 11:42:10 - Views: 2100 - Clicks: 5230

授業科目 subjects. 「仕事の人類学」が拓く地平 文・写真 中谷文美 共同研究 ジェンダー視点による「仕事」の文化人類学的研究() 「仕事」 と 「仕事でないもの」 「仕事」 とは何だろうか。 たとえば『仕事の社会学』 と銘打った著作におい て、分析対象となる「仕事」は「収入を伴う社会活 動」 と. 3 。 ページと大きさ 。 7,307p/22cm 。 件名 。 労働 。 文化人類学 。 分類 。 NDC8 版.

中谷 文美/編,. 第7回 「初期仏教」 アルボムッレ・スマナサーラ 氏. 仕事の人類学 労働中心主義の向こうへ 著者名: 中谷 文美/編 著者名ヨミ : ナカタニ アヤミ: 出版者: 世界思想社 出版年月:. 中谷 文美/著 ジェンダーで学ぶ文化人類学 田中 雅一/編,. 教授 中谷 文美 Professor NAKATANI Ayami. 近くの請求.

中谷 文美(なかたに あやみ 1963年-)は、日本の文化人類学者、D. book 「女の仕事」のエスノグラフィ. 山極壽一 * 中谷文美 * (岡山大学) 斎藤成也 * (国立遺伝学研究所) 松田素二 * (京都大学) 16:00 閉会 * 日本学術会議連携会員 ** 日本学術会議会員: 申込み: 参加無料・10月9日(金)までに以下のフォームからお申込みください。 参加申し込みフォーム もしくはポスター掲載の二次元バーコード.

さまざまな視点から、いちばん身近なものづくり=「手芸」の輪郭をあぶり出す。 「つくる」「教える」「仕分ける」「稼ぐ」「飾る」「つながる」の6つのアプローチで迫る、はじめ. 「女の仕事」のエスノグラフィ :. 書籍等出版物 38. 仕事の人類学 労働中心主義の向こうへ by 中谷文美,宇田川妙子 View Our Holiday Gift Guide We made holiday shopping easy: browse by interest, category, price. (『文化人類学』担当). 仕事の人類学/中谷文美のセル本は【tsutaya 店舗情報】です。. ジェンダー人類学を読むの本の通販、宇田川妙子、中谷文美の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonでジェンダー人類学を読むを購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではの本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。.

Phil(オックスフォード大学)。岡山大学副学長、同大大学院社会文化科学研究科教授、グローバル・ディスカバリー・プログラム設置準備室長などを務めた。現在、岡山大学教授、グローバル・ディスカバリー・プログラム. ジェンダーで学ぶ文化人類学 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: ジェンダー デ マナブ ブンカ ジンルイガク 責任表示: 田中雅一, 中谷文美編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 世界思想社,. 中谷 文美(なかたに・あやみ) 教育分野(領域) 地理学・社会学・文化人類学・社会文化学分野(文化人類学) 研究・教育のキーワード 文化人類学、ジェンダー、インドネシア、オランダ、労働、 ワーク・ライフ・バランス、伝統染織、消費、ファッション 研究者としての私 私は大学の. 岡山大学 新生殖医療に起因する国境を越えた社会・文化的諸問題の実証的研究. 最近の主たる研究・教育分野 Research Areas. 3: この資料に対する操作. 仕事の人類学 : 労働中心主義の向こうへ フォーマット: 図書 責任表示: 中谷文美, 宇田川妙子編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 世界思想社,.

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。. そんな文化人類学をジェンダーという観点から紐解いていく一冊である。 ★どんな著者. 司会:高倉浩樹**(東北大学) パネリスト:山極壽一* 中谷文美*(岡山大学) 斎藤成也*(国立遺伝学研究所) 松田素二*(京都大学) 16:00 閉会. 宇田川 妙子/著 オランダ流ワーク・ライフ・バランス. パネリスト:山極壽一* 中谷文美*(岡山大学)斎藤成也*(国立遺伝学研究所) 松田素二*(京都大学) 16:00 閉会 *日本学術会議連携会員 **日本学術会議会員 主 催:日本学術会議 地域研究委員会、文化人類学分科会、多文化共生分科会 基礎生物学委員会・統合生物学委員会合同自然人類学. 第9回 「認知神経科学」 松元健二 氏. 第10回 「精神保健学」 川上憲人 氏・渡辺和広 氏.

By 康子 藤倉. 中谷文美 のおすすめ作品. 窪田幸子、栗本英世(大阪大学)、曽我亨(弘前大学)、棚橋訓(お茶ノ水女子大学)、中谷文美 、三尾裕子(東京外国語大学)、森山工(東京大学)、青山和夫(茨城大学)、小長谷有紀(国立民族学博物館)、高田明(京都大学)、森田敦郎(大阪大学) 研究�.

講師 大村 敬一 (放送大学教授) 本多 俊和 (元放送大学教授) 湖中 真哉 (静岡県立大学教授) 竹沢 泰子 (京都大学教授) 中谷 文美 (岡山大学教授・副学長) 放送日時 1/2(土) 17:15 BS231. 田中雅一・中谷文美編『ジェンダーで学ぶ文化人類学』世界思想社,. 奥野克己・花渕馨也編『文化人類学のレッスン』学陽書房、. 松田素二・川田牧人編『エスノグラフィー・ガイドブック』嵯峨野書院,. 中川 敏『異文化の語り方』世界思想社,1992. 中川 敏『交換の民族誌. 仕事の人類学 : 労働中心主義の向こうへ 資料種別: 図書 責任表示: 中谷文美, 宇田川妙子編 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 世界思想社,. 中谷文美 /編 ≪再. 仕事の人類学―労働中心主義の向こうへ 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 文化人類学・民俗学: 研究機関: 岡山大学: 研究代表者: 中谷 文美 岡山大学, 社会文化科学研究科, 教授研究期間 (年度–: 研究課題ステータス: 完了 (年度) 配分額 *注記: 4,160千円 (直接経費: 3,200千円、間接経費: 960千円). 『ジェンダーで学ぶ文化人類学 』(田中雅一・中谷文美編、世界思想社 ) 色々な文化におけるジェンダーとセクシュアリティという視点で社会を読み解いた書。 小・中・高校生にむけて生理(月経)について書かれた本. オランダにおけるジェンダーと労働,およびインドネシアをはじめとするアジア地域の伝統工芸の遺産化・ファッション化を.

文化人類学は、人類の多様な社会と文化に関する具体的な事例をもとにして人間について考察する学問である。この講義ではその基本的な視点、理論、考え方を学ぶことを主たる目的として、我々にとって身近な問題と異文化の事例を同時に取り上げながら考察していく。授業は、以下の4つの. 女の仕事」のエスノグラフィ-バリ島の布・儀礼・ジェンダー」「ジェンダーで学ぶ文化人類学」。 【中谷】岡山大学助教授。専門分野:文化人類学・ジェンダー論。主な業績「「女の仕事」のエスノグラフィ-バリ島の布・儀礼・ジェンダー」「ジェンダーで学ぶ文化. jp:2433/228340 Provided by: Kyoto University Research. 仕事の人類学 : 労働中心主義の向. 中谷文美さん 中谷さんは、ご自身のあゆみを簡単にふりかえられ、大学卒業後、東南アジアに関わることの多かったNPOでの仕事から、イギリスの大学院に行き、文化人類学という「道具」をつうじてもう一度東南アジアに関わっていきたいと思われたそう. 放送大学アーカイブス・知の扉; Line. 「仕事の人類学 」が拓く地平 民博通信年 もっとみる. 第16回 「文化人類学」 中谷文美 氏.

「仕事」の多様性と変容に関する人類学的研究-ジェンダー視点による国際比較. Phil(オックスフォード大学)。 岡山大学 副学長 、同大 大学院 社会文化科学研究科 教授 、 グローバル・ディスカバリー・プログラム 設置準備室長などを務めた。. 田中雅一 1955年生まれ。 日本の文化人類学者であり、京都大学人文科学研究所教授である。 南アジアを研究対象とし、ジェンダー論について論じている。 中谷文美. 海部陽介(東京大学) 15:20 第二部パネル討論. 演出された「楽園」. 中谷 文美 文化共生学研究年.

researchmap is provided by Japan Science and Technology Agency. Get PDF (546 KB) Publisher: 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野. 基盤研究(b) 研究分野. ジェンダー人類学を読む 地域別・テーマ別基本文献レヴュー; ジェンダー人類学を読む目次; 序章 宇田川妙子,中谷文美 1; 第i部 地域編; 第i部 第1章 国家が規定するジェンダー役割とローカルな実践—インドネシア 中谷文美 20. 国立民族学博物館人類文明誌研究部・准教授。専門は染織研究。特にインドを対象として、つくり手の視点に立って染織技術や布の役割などについて研究。年に第4回木村重信民族藝術学会賞受賞。著書に『インド・ラバーリー社会の染織と儀礼──ラクダとともに生きる人びと』(昭和堂. 初潮前の女の子や中高生、あるいは生理について理解を深めたい方. Seminar in Cultural Anthropology. <おがわ・さやか> 1978年生まれ。立命館大准教授・文化人類学、アフリカ研究。 もう1冊 中谷文美・宇田川妙子編『仕事の人類学』(世界思想社)。世界各地の金銭だけに還元されない仕事のありようを調査し、紹介する。.

1 形態: vi, 326p ;. 仕事の人類学 。 外部サイトで調べる: 副書名 。 労働中心主義の向こうへ 。 著者名等 。 中谷/文美‖編 。 宇田川/妙子‖編 。 出版者 。 世界思想社/京都 。 出版年 。. なぜ人はものをつくるのか。文化人類学、ジェンダー研究、美術・工芸史、ファッション研究. Cultural Anthropology1. 中谷文美・宇田川妙子編『仕事の人類学 -- 労働中心主義の向こうへ』世界思想社、年、4,000円+税、307頁: 著者: 藤倉, 康子 : 著者名の別形: FUJIKURA, Yasuko: 発行日: 31-Dec-: 出版者: 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野 : 誌名: コンタクト・ゾーン = Contact zone: 巻: 9:. 放送大学アーカイブス・知の扉 グローバリゼーションの人類学('11)第1回・2回. 女性問題; 性; 文化人類学: isbn:注記: 「ジェンダーで文化人類学を学ぶ」ためのブックガイド / 中谷文美 編: p308-313 引用・参考文献: 各章末: 登録日:: タイトルのヨミ: 仕事の人類学 - 中谷文美 ジェンダー デ マナブ ブンカ ジンルイガク: 著者のヨミ.

「価値ある仕事」としての家事 ―オランダ社会における専業主婦の主流化と周縁化をめぐって― 中谷文美(岡山大学) 「世界中に主婦はいるが、オランダほど歴史的に主婦の存在が大きいところはない。」(Kloek :7) 1.はじめに 料理は、労働だろうか。. 中谷文美著『「女の仕事」のエスノグラフィー―バリ島の布・儀礼・ジェンダー』 宇田川 妙子: 280: 渡邊欣雄著『風水の社会人類学―中国とその周辺』 西澤 治彦: 284: 遠藤央著『政治空間としてのパラオ―島嶼の近代化への社会人類学的アプローチ』 河合 利光: 287: 田辺繁治・松田素二編『日常. 同じ著者; 同じ.

第8回 「社会心理学」 内田由紀子 氏. 事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼・ジェンダー』(20 03)のお仕事で知られる社会人類学者の中谷文美さん をお招きして、フィールドワークの手法について語ってい ただきます。また、編者. 中谷 文美(なかたに あやみ 1963年 -)は、日本の文化人類学者、D.

Phil(オックスフォード大学)。 岡山大学 副学長、同大大学院社会文化科学研究科教授、グローバル・ディスカバリー・プログラム設置準備室長などを務めた。 現在、岡山大学教授、グローバル・ディスカバリー・プログラム. researchmap is an information sharing platform for the researchers. 研究期間 (年度) –. 中谷文美との共編『仕事の人類学 ― 労働中心主義の向こうへ』世界思想社、年。 信田敏宏、白川千尋との共編『グローバル支援の人類学: 変貌するngo・市民活動の現場から』昭和堂、年。 外部リ. OAI identifier: oai:repository. アジア女性と親密性の労働 京都大学出版会 年 民族大国インドネシア 木犀社 年 グローバリゼーションの人類学 放送大学教育振興会 年 開発の社会史. 城壁内からみるイタリア : ジェン.

中谷 文美/著. ジェンダーで学ぶ文化人類学/田中 雅一/中谷 文美(歴史・地理・民俗) - 世の中は男と女から成り立っている、というのは本当だろうか。世界には、女性と女性とが結婚する社会もある。さまざまな文化に学び、ジェンダーとセク. CGraSS 仕事の人類学 - 中谷文美 公開レクチャー・シリーズ 第二回 講師:中谷文美さん (岡山大学社会文化科学研究科・准教授) 「フィールドワークの『ジェンダー化』を めぐ って-ジェンダー人類学の視点から」 バリ島の女性たちの「仕事」の日常を活写した『「女の仕 事」のエスノグラフィ―バリ島の布・儀礼. 中谷文美・宇田川妙子編『仕事の人類学 -- 労働中心主義の向こうへ』世界思想社、年、4,000円+税、307頁.

仕事の人類学 - 中谷文美

email: irycerul@gmail.com - phone:(205) 523-5070 x 4789

新しい学力観に立つ小学校6年生の評価とその方法 - 吉武弘喜 - ワンワンとぺたん はじめてのシールえほんプチ

-> 包丁のある書斎 - 河竹登志夫
-> ありふれた不倫だったのに - 山崎洋子

仕事の人類学 - 中谷文美 - 歌枕の探究 八木意知男


Sitemap 1

名古屋外国語大学 2013 - 教学社編集部 - 全国連合小学校長会 ともに生きる力 自ら未来を拓き を育む学校経営